ブリアンサエラ BRILLANT CAETLA

Interview

インタビュー

有限会社 アートジュエリー ワイズ 
ジュエリーデザイナー 若菜英司さん

常に新しい価値を求めて作品で勝負

もともとデザインが好きで、デザインの仕事がしたいと考えていましたが、最初からジュエリーデザイナーをめざしているわけではありませんでした。一般的にイメージがしやすい服飾デザイナーをめざしていたのですが、あるときジュエリーデザイナーというものを知り、服飾デザイナーとは違う魅力を感じてジュエリーデザイナーをめざすようになりました。
大手企業や横浜の小売店などでデザイナーとして働きながら、アートジュエリー展での入選などを経て、ジュエリー作家として独立しました。

2004年には、オリジナルジュエリーブランド「有限会社 アートジュエリー ワイズ」を設立し、ブリアンサエラにも数々の作品を提供させていただいています。出身は東京なのですが、現在は兵庫県に拠点を移して活動しています。
東京のほうが市場が大きいようにも思えるかもしれませんが、東京の場合、いわゆる有名ブランドでジュエリーなどを買う人が多いように感じます。ブランド名にとらわれず、ジュエリーやアクセサリーなどの作品そのものをしっかりと見て、価値を判断するお客さんは西日本のほうが多く、オリジナルジュエリーブランドとして勝負するために西日本に拠点を置くことを選びました。

ブリアンサエラが拠点を置く東海地区も、作品に向き合って判断していただけるお客様が多い地区です。常に新しく、質の高い作品を生み出していかなくてはいけないという厳しさも感じますが、作品そのものを見ていただきたいと思っていますので、大きなやりがいを感じています。

デザインから作品になるまで

作品を作るにあたって、売れ筋やトレンドに左右されすぎないように心がけていて、身勝手ではあるのですが自分の感性や興味のあるものを信じて作品に想いを込めるようにしています。なので、商品というよりは作品を作るという想いが強くあります。もちろん、お客様には気に入っていただき、購入していただかなくてはいけませんから、100%自分勝手に作ってしまえるわけではありませんが、自分の強い想いで作った作品が受け入れられるように、自分の感性も磨き続けなくてはいけないと思っています。

作品を作るにあたっては、まず手描きでデザイン画を起こしていきます。デザイン画と完成品を見比べていただくとわかるのですが、デザイン画はできるだけ完成品の実物大で描くようにしています。それにより完成品をイメージしやすいものになっています。
デザイン画に沿って、素材を加工していくのですが、信頼できる職人さんに加工をお願いして完成していただきます。従って、私自身はどのようなものを作るかを考えてデザイン画にするまでの仕事で、そこで手が離れてしまうことになります。しかし、加工職人さんには、あまり細かい注文をしないようにしています。

素材や加工技術については、職人さんのほうが知識があるわけですから、加工についてはいろいろ提案をいただけるような職人さんとお仕事をしていますし、逆に注文のままにしか作らないという職人さんにはお願いしないようにしています。なので、私一人で作っているというわけではないのですが、それぞれがベストを出すことで、一人だけで作っていくよりも遥かに素晴らしい作品が出来上がることがあるんです。

1点もののデザインに想いを込めて

ジュエリーデザインという分野は、ヨーロッパでは歴史も長く、社会的な地位も確立しているのですが、日本ではまだまだ浸透していないように感じます。服飾デザインなどに比べて軽く見られる、地位が低いのではないかと感じる場面も少なくありません。
ジュエリーやアクセサリーといった装飾品で贅沢をするといったことは、文化として成熟しているということに繋がるようにも思えます。その点で、まだ日本では未熟な部分ではないかと感じていますし、啓蒙することもしていかなくてはいけないと感じています。そのため、催事場などのイベントに足を運んで、ジュエリーの魅力をお伝えすることもしています。

ブリアンサエラの店舗でも、お客様に加工するレアストーンをお選びいただき、その場でご要望を聞きながらデザイン画を起こして、デザイン画からオリジナルのオーダーメイドジュエリーを作成してお届けするという試みも特別イベントとして行ったこともあります。その場でお客様の要望をデザインに落とし込むという緊張感溢れた作業ですが、実際にお使いいただくお客様の顔を見ながらデザインができるので、私にとっても貴重な機会です。
そのような機会がありましたら、ぜひ参加して欲しいですし、作品を見に来て欲しいですね。

インタビューのトップへ戻る